ALC協会
HOME ALC協会について 技能検定について ALC協会刊行物 TOPICS Q&A

ALCパネルとは 安全で快適な住空間 環境問題への取組み 施工事例
HOME > TOPICS >バックナンバー2007年

TOPICS

2007年
 
◆2007年8月 JIS A 5416が改正されました。
ALCパネルのJIS規格は1972年に制定され、1997年まで5回の改正が行われています。その後、ALCパネルの需要構造の多様化(厚形パネルの品種増大等)や環境問題への関心の高まりなどに合わせて、新製品の開発および生産技術の進歩、供給体制の整備・拡充が図られてきました。今回の改正は、それらの要因を踏まえて検討されたものです。下記に本文の主な改正点を列挙します。
コーナーパネルの規格化
厚形パネル及び薄形パネルの寸法等の規定を設けた。これに伴い、パネルの種類として新に形状による区分を設けて一般パネルとコーナーパネルに区分した。
パネルの寸法体系の見直し
JIS規格品と同等の品質で従来から用いられている寸法のパネルも含めて再検討し、ALC製品としての整合を図った。
ALC粉末の原料化
再生原料活用促進及び建設廃棄物抑制の観点から、工場内及び新築現場で発生するパネルの加工端材を微粉末状にしたものを原料の一部として用いることを可とした。
パネル埋設部品
パネル取付け用の金具類を埋設したパネルは従来からJIS製品であったが、今回の改正でその規定内容の詳細を定めた。

◆2007年3月 E-ディフェンスで耐震実験。(PDFはこちら
ALCパネルは長周期地震動でも優れた性能を発揮。
超高層建物の耐震実験が実験が3月29日・30日の2日間、兵庫耐震工学研究センター(兵庫県三木市)の実大三次元震動破壊実験施設“通称:E-ディフェンス”で行われました。この実験は、巨大地震の長周期地震動による非構造部材などの損傷の検証が目的で、実大試験体の外壁にALCパネル(ロッキング構法)が採用されました。2日間の実験を通してALCパネルの損傷はきわめて軽微な状態にとどまり、優れた変形追従性が確認されました。

◆2007年3月 「入門ALCパネル」を工業高校建築系学科に贈呈。

ALC協会は、工業高等学校建築系学科の生徒を対象にした副教材「入門 ALCパネル」を制作し、ご要望のあった28校に贈呈しました。すでに授業で使用された学校も多く、コンパクトかつ平易な内容がご好評をいただいています。(贈呈先の先生方にお願いしたアンケート)




このページの先頭へ

copyright サイトマップ サイト利用規約 ヘーベル(別ウィンドウが開きます) クリオン(別ウィンドウが開きます) シポレックス(別ウィンドウが開きます)